「いづみ橋」の由来

相模川の流域は弥生時代から稲作が盛んで周辺の台地からは国分寺をはじめ多くの遺跡があり、先住民は沼地や草地で狩猟の適地であったと思われます。

相模川の河川敷は、上流から運ばれてくる肥沃な土壌と、潤沢な水利に恵まれた故に、穀倉地帯の中心でした。
 相模川の支流のひとつに泉川(いづみかわ)があり、現在の蔵の西縁を流れていました。

この川は丁度蔵の南で2手に分岐しその場所は船付き場(橋場)となっていました。

昭和初期の耕地改良で泉川は消滅しましたが、江戸安政4年に酒蔵創業時の海老名の水郷地帯からの命名で「いづみ橋」となりました。現代で云う所の造語ですね。

昭和31年の弊社設立までは、橋場酒造店という屋号だったことから、創業時「下今泉村の橋場酒造店」という意味もあったようです。

 


酒造りは米作りから・・・

「酒造りは米作りから」の信念のもと、全国でも珍しい栽培醸造蔵として古来より海老名耕地と呼ばれる海老名市をはじめ近隣地区での酒米作りに自ら取り組んでいます。 太陽と大地の恵みをいっぱいに受けて育んだ信頼できる米を丁寧に仕込む、それが私たちの酒造りです。

いづみ橋を囲みながら仲間同士で話が弾み、杯を重ねていた・・・・そんな心地よく酔える酒を目指しています。

いづみ橋は 全量純米酒の酒蔵です

弊社の製品は、その殆どが地元で農家の顔が見える環境で契約栽培された「山田錦」「雄町」「亀の尾」そして、「神力」等の酒米で仕込みます。また、飲みあきしない酒質を目指し、旨味のある軽快な辛口純米酒としております。

吟醸味噌とは
泉橋酒造について
吟醸味噌レシピ
味なお店・購入店舗
大口購入専用ページ
携帯電話向けブログ